« マキノ 野生サル 琵琶湖 滋賀県 高島市 2017年6月 | トップページ | 太平記 現代語訳 6-1 護良親王の母、不思議な夢を見る »

2017年6月16日 (金)

太平記 現代語訳 インデックス2

太平記 現代語訳 総インデックス

主要人物・登場箇所リスト

-----------------------------
第6巻

6-1 護良親王の母、不思議な夢を見る

6-2 楠正成、再起す

6-3 楠正成、四天王寺にて、『大予言・日本の未来はこうなる』を読む

6-4 赤松円心、蜂起す

6-5 反乱軍鎮圧のために鎌倉から大軍団出動

6-6 上赤阪城・攻防戦

-----------------------------
第7巻

7-1 護良親王、再び危機に直面

7-2 楠正成、千剣破城において、幕府軍100万を翻弄

7-3 新田義貞、倒幕の志を固める

7-4 赤松円心、摩耶山に軍事拠点を設定

7-5 四国においても、反幕府勢力が決起

7-6 後醍醐先帝、隠岐島脱出に成功

7-7 船上山にて名和軍団、幕府側勢力と戦う

-----------------------------
第8巻

8-1 赤松軍、六波羅庁軍を撃破

8-2 赤松軍、京都へ

8-3 赤松軍、敗退し退却

8-4 赤松軍、京都西方に踏みとどまる

8-5 延暦寺の衆徒、倒幕に向けて決起

8-6 赤松軍、再び京都へ

8-7 千種忠顕、20万の大軍を率いて京都へ

8-8 谷堂、炎上す

-----------------------------
第9巻

9-1 足利軍、京都へ

9-2 幕府軍、八幡と山崎へ向けて進軍

9-3 足利軍、戦線離脱

9-4 足利高氏、篠村において、近隣の武士たちを招集

9-5 篠村八幡宮にて戦勝祈願の後、足利軍、京都へ

9-6 倒幕軍、六波羅庁側防衛ラインを突破

9-7 六波羅庁、陥落

9-8 近江・番場において、六波羅庁メンバー、自害

9-9 光厳天皇ら、京都に護送される

9-10 千剣破城の楠軍、ついにネバリ勝ち

-----------------------------
第10巻

10-1 千壽王、鎌倉から逃亡

10-2 新田義貞、挙兵す

10-3 新田義貞、反撃に転ず・第2次分陪河原合戦

10-4 幕府軍、必死の鎌倉防衛

10-5 赤橋守時と本間山城左衛門の最期

10-6 討幕軍、稲村ヶ崎を経由、鎌倉へ

10-7 長崎思元・為基父子の奮闘

10-8 大仏貞直と金澤貞将の最期

10-9 北条基時、自害す

10-10 塩田道祐・俊時父子、自害す

10-11 塩飽聖遠・忠頼父子、自害す

10-12 安東聖秀、自害す

10-13 諏訪盛高、亀壽丸を保護し、信濃へ

10-14 長崎高重、最後の奮戦

10-15 高時ら北条家一門、自害


« マキノ 野生サル 琵琶湖 滋賀県 高島市 2017年6月 | トップページ | 太平記 現代語訳 6-1 護良親王の母、不思議な夢を見る »

太平記」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ