« 太平記 現代語訳 7-4 赤松円心、摩耶山に軍事拠点を設定 | トップページ | 太平記 現代語訳 7-6 後醍醐先帝、隠岐島脱出に成功 »

2017年7月 7日 (金)

太平記 現代語訳 7-5 四国においても、反幕府勢力が決起

太平記 現代語訳 インデックス2 (その中に [主要人物・登場箇所リスト]へのリンクもあり)

この現代語訳は、原文に忠実なものではありません。様々な脚色等が施されています。

太平記に記述されている事は、史実であるのかどうか、よく分かりません。太平記に書かれていることを、綿密な検証を経ることなく、史実であると考えるのは、危険な行為であろうと思われます。
--------

六波羅庁ではまたもや会議を開催。

六波羅庁リーダーA 頼みの宇都宮(うつのみや)殿は、千剣破城攻めに行ってしまってる。中国地方からの援軍は伊東惟群(いとうただむら)にインターセプトされちまってる。あーぁ、いったいどうしたもんかなぁ。

六波羅庁リーダーB 四国方面の軍勢を動員して、摩耶山(まやさん)の赤松軍を攻めさせてみるってのは、どうだろう。

閏(うるう)2月4日、四国の伊予国(いよこく:愛媛県)から六波羅庁に早馬がとんできた。

四国よりの使者 一大事じゃ! 土居二郎(どいのじろう)と得能弥三郎(とくのうのやさぶろう)が、先帝方に回って旗揚げしよりましてな、伊予の勢力を従えて土佐(とさ:高知県)へ侵入しよったですわ。

六波羅庁リーダーA ナァニィー!

四国よりの使者 ほいでもって、先月の12日にな、長門国(ながとこく:山口県北部)駐在・中国地方執務本部長(注1)の北条時直(ほうじょうときなお)殿が、軍船300余艘を率いて伊予国へ渡り、星岡(ほしがおか:愛媛県・松山市)で彼らと一戦交えられましたんじゃ。ところがその戦で、北条時直殿の軍勢はボロボロに負けてしもうちょりまして、死傷者その数を知らず、時直殿御父子も行方不明っちゅう、もう最悪の事態になってしまいよりましたわ。

--------
(訳者注1)原文では「長門探題」。
--------

六波羅庁リーダーB ウーッ!

四国よりの使者 それからは、四国の連中らはみんな、土居と得能の下についてしまいよりましてな、その兵力は6000余騎まで膨れあがってしもぉちょりますわい。やつらは、宇多津(うたつ:香川県・綾歌郡・宇多津町)と今治(いまばり:愛媛県今治市)の港に軍船をそろえよりましてな、今にも京都へ攻め上ろうかっちゅう勢いですけぇ、なにとぞ、ご用心めされませよ。

太平記 現代語訳 インデックス2 (その中に [主要人物・登場箇所リスト]へのリンクもあり)

« 太平記 現代語訳 7-4 赤松円心、摩耶山に軍事拠点を設定 | トップページ | 太平記 現代語訳 7-6 後醍醐先帝、隠岐島脱出に成功 »

太平記」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ