« 太平記 現代語訳 20-2 越後の新田勢力、越前へ向かう | トップページ | 太平記 現代語訳 20-4 新田義貞、延暦寺に同盟勧誘文を送る »

2018年1月11日 (木)

太平記 現代語訳 20-3 後醍醐天皇、新田義貞に上洛を促す

太平記 現代語訳 インデックス4 (その中に [主要人物・登場箇所リスト]へのリンクもあり)

この現代語訳は、原文に忠実なものではありません。様々な脚色等が施されています。

太平記に記述されている事は、史実であるのかどうか、よく分かりません。太平記に書かれていることを、綿密な検証を経ることなく、史実であると考えるのは、危険な行為であろうと思われます。
--------

そうこうするうち、新田家・越後勢力軍は、越前の河合(かわい:福井県・福井市)に到着。新田義貞(にったよしさだ)の勢いはますます強大になり、「足羽(あすは)城攻略も、もはや時間の問題!」と、全員勇みたつ。

斯波高経(しばたかつね)の足利尊氏(あしかがたかうじ)への義心にはいささかの動揺も無いものの、小さな平城にたてこもるのはたった300余人だけ、その四方を3万余騎の新田軍が包囲している。

斯波軍メンバーA 籠の中の鳥が、雲を恋いしたい、

斯波軍メンバーB 枯れかかった水たまりの魚が、水を求めるがごとく、

斯波軍メンバーC おれたちの現状は、まさにそういったカンジだなぁ。

斯波軍メンバーD あーあ、我が命、いったいいつまであるものやら。

新田側は斯波側を見下して勇みたち、斯波側は意気消沈して悲しみに沈む。

新田軍リーダーE さぁてと、いよいよ21日、黒丸(くろまる)城攻めにかかるぞぉ。

新田軍リーダーF 国中の人夫を動員してな、草の束3万ほど集めさせるんだ。城の堀をそれでもって埋めるんだよ。

新田軍リーダーG 盾も用意しとかなきゃ。3,000個ほど作らせようか。

このように、あれやこれやと城攻めの用意をしている新田陣中に、吉野(よしの)からの勅使がやってきた。

勅使 天皇陛下よりのお言葉を今、伝えますんでな・・・(後醍醐天皇からの手紙を開く)

手紙 パサパサパサ・・・(開かれる音)

勅使 「新田義興(にったよしおき)と春日(かすが)が、敗軍の兵を集めて、八幡山(やわたやま:京都府・八幡市)にたてこもっておる。そこへ、京都の逆賊どもが大軍でもって押し寄せてきて、山を包囲してしまいよった。新田・春日サイドは、食料が乏しうなって、士気も低下しとる。しかし、「北陸の朝廷軍が、もうすぐ京都を攻めてくれるから、なんとかそれまでは」と、みな、ギリギリのとこでふんばっとる。」

勅使 「そちらの、京都進軍開始が遅れてしもぉたら、八幡はもう、もたへん。国が傾くかどうかは、今や、北陸の朝廷軍の動向いかんにかかっとる。そこいらへんでの戦はもう捨て置いて、京都攻めを急げ!」

勅使 陛下からのお言葉は以上の通り。このお手紙、おそれおおくも、陛下の直筆や。

新田義貞 ハハーッ!(平伏しながら、手紙を受け取る)

手紙に目を通した義貞は、

新田義貞 我が国の歴史上、大功ありといえども、源平両家の武臣に対して、天皇陛下より直々にご自筆のお手紙を下された事など、過去に一度も聞いたことがありません。わが新田家にとりまして、今回のこれは、分際を超えたあまりにももったいない名誉。なんというありがたい事でしょう! 今この時をおいて他に、わが命を軽んずるべき時はありません!

新田義貞 分かりました、陛下のおおせのごとく、足羽城攻めは即刻中止して、京都への進軍を急ぎます!

太平記 現代語訳 インデックス4 (その中に [主要人物・登場箇所リスト]へのリンクもあり)

« 太平記 現代語訳 20-2 越後の新田勢力、越前へ向かう | トップページ | 太平記 現代語訳 20-4 新田義貞、延暦寺に同盟勧誘文を送る »

太平記」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ