« 太平記 現代語訳 35-5 仁木義長、逼塞状態に | トップページ | 太平記 現代語訳 36-1 仁木義長、吉野朝サイドに転じる »

2018年4月28日 (土)

太平記 現代語訳 インデックス8

太平記 現代語訳 総インデックス

主要人物・登場箇所リスト

-----------------------------
第36巻

36-1 仁木義長、吉野朝サイドに転じる

36-2 相次ぐ天変地異に、人々、恐れおののく

36-3 天王寺の金堂、再建成る

36-4 山名時氏、美作へ侵入 and 九州地方において菊池武光、攻勢に

36-5 佐々木兄弟、戦死

36-6 細川清氏と佐々木道誉の対立、激化

36-7 反幕府勢力、東西に台頭

-----------------------------
第37巻

37-1 吉野朝廷、京都攻略を検討

37-2 足利義詮、京都から逃走

37-3 吉野朝軍、京都から撤退

37-4 後光厳天皇、京都へ帰還

37-5 大将の選定に関する考察(付 高祖と項羽の議帝擁立の逸話)

37-6 新・幕府執事職、選出される

37-7 サーリプッタの話、一角仙人の話、志賀寺の上人の話

37-8 足利基氏、畠山討伐軍を伊豆へ派兵す(付 楊貴妃と楊国忠の話)

-----------------------------
第38巻

38-1 京都において、異変続々

38-2 吉野朝側勢力、続々蜂起

38-3 斯波氏経、九州へ

38-4 九州において、菊池武光、大いに武威を振るう

38-5 畠山国清、死去す

38-6 細川清氏、死去す

38-7 和田正武と楠正儀、摂津国を制圧

38-8 元 versus 南宋 の戦

-----------------------------
第39巻

39-1 大内弘世、吉野朝サイドから足利幕府サイドへ転ずる

39-2 山名時氏、吉野朝サイドから足利幕府サイドへ転ずる

39-3 仁木義長、吉野朝サイドから足利幕府サイドへ転ずる

39-4 芳賀禅可、足利幕府・鎌倉府に対して、叛旗を翻す

39-5 斯波高経、興福寺と対立す

39-6 高まる斯波高経への批判

39-7 春日大社の神木、奈良へ帰る

39-8 高麗国より使者来たり、倭寇取り締まりを要請

39-9 元寇の時に、あった事

39-10 神功皇后の遠征

39-11 光厳法皇、諸方を行脚

39-12 光厳法皇の葬儀、執行さる

-----------------------------
第40巻

40-1 清涼殿において、和歌会、盛大に催さる

40-2 足利基氏、死去す

40-3 南禅寺と園城寺の確執

40-4 最勝講の場において、興福寺と延暦寺の衆徒、武闘に及ぶ

40-5 将軍・足利義詮、死去す

40-6 流れが変わってきた(最終章)

« 太平記 現代語訳 35-5 仁木義長、逼塞状態に | トップページ | 太平記 現代語訳 36-1 仁木義長、吉野朝サイドに転じる »

太平記」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ