« 太平記 現代語訳 40-2 足利基氏、死去す | トップページ | 太平記 現代語訳 40-4 最勝講の場において、興福寺と延暦寺の衆徒、武闘に及ぶ »

2018年6月12日 (火)

太平記 現代語訳 40-3 南禅寺と園城寺の確執

太平記 現代語訳 インデックス8 (その中に [主要人物・登場箇所リスト]へのリンクもあり)

この現代語訳は、原文に忠実なものではありません。様々な脚色等が施されています。

太平記に記述されている事は、史実であるのかどうか、よく分かりません。太平記に書かれていることを、綿密な検証を経ることなく、史実であると考えるのは、危険な行為であろうと思われます。
--------

同年6月18日、園城寺(おんじょうじ:滋賀県・大津市、別名:三井寺)の衆徒が蜂起し、朝廷と幕府に対して訴えを起こした。その事の発端は、そもそも何であったかというと:

当時、南禅寺(なんぜんじ:京都市・左京区)造営の費用を捻出(ねんしゅつ)するために、新たに関所が設けられていたのだが、なんと、その関所において、園城寺へ帰る途中の児(ちご)を、関所勤務の禅僧が殺害してしまったのである。

園城寺・衆徒一同 これまさに、前代未聞の悪事!

園城寺の衆徒たちは、憤怒の炎を燃やし、このうらみ晴らさんと、大挙してその関所に押し寄せ、当番の僧から下部(しもべ)や力仕事役に至るまでの全員を、打ち殺した。

それでもなおも、彼らは憤り止まず、

 「我らは訴える! 南禅寺を破却せしめよ! 禅宗を根こそぎ破棄せよ!」

との、強訴に及んだ。

園城寺衆徒A 奈良の東大寺と興福寺、そして延暦寺とわが園城寺、これら4か寺は、「何かあったら連合して、自分たちの身を守ろう!」との、固い固い約束を、既に交わしておるぅ!

園城寺衆徒B まさに、わが寺にとっての安否の時が、今や来たったぁ!

園城寺衆徒C 4か寺、連合して、南禅寺と徹底的に、戦うべきであぁるーっ!

園城寺衆徒一同 戦うべきであぁるーっ!

彼らは直ちに、延暦寺(えんりゃくじ:大津市)と興福寺(こうふくじ:奈良市)に対して、「連合して、事に当たろうではないか」との勧誘文書を送った。

園城寺衆徒A 事の決着がグズグズと遅れるような事あらばぁ、神輿(しんよ)、神木(しんぼく)、神座(しんざ)の本尊と共に、首都の中に、なだれこむべぇし!

園城寺衆徒一同 いざぁ、首都へ、首都へーーー!

園城寺衆徒A シュップレヒコォールゥ!

園城寺衆徒一同 ウォーッ!

園城寺衆徒B (コブシを振り上げ)南禅寺ぃ、ボクメェーツ(撲滅)!

園城寺衆徒一同 (コブシを振り上げ)南禅寺ぃ、ボクメェーツ!

園城寺衆徒C (コブシを振り上げ)禅宗をぉ、根絶(ねだ)やしにせよーッ!

園城寺衆徒一同 (コブシを振り上げ)禅宗をぉ、根絶やしにせよーッ!

園城寺衆徒C (コブシを振り上げ)我らは戦うぞー!

園城寺衆徒一同 (コブシを振り上げ)戦うゾーッ!

園城寺衆徒C (コブシを振り上げ)戦うぞー!

園城寺衆徒一同 (コブシを振り上げ)戦うゾーッ!

園城寺衆徒C (コブシを振り上げ)戦うぞー!

園城寺衆徒一同 (コブシを振り上げ)戦うゾーッ! (拍手)

衆徒一同の手 パチパチパチ・・・。

--------

「これは大変、天下の一大事」と、世の中の動きの先を見る目のある人々は、密かにこれを危ぶんだ。

しかしながら、園城寺からの誘いに乗る、という事は大変な事でもあり、延暦寺も興福寺も、そうそう気軽には決断できない。

延暦寺においては、東塔(とうとう)エリア、西塔(さいとう)エリアそれぞれにおいて、意見は様々に分かれ、園城寺からの使者は、連合勧誘書状を持ったまま、比叡山上の3エリアを巡る事に、ただただ時間を費やすばかり。

そんなこんなで、園城寺側は、実力行使にうって出る事もできず、幕府は幕府でノラリクラリ、待てど暮らせど一向に、裁決が出てこない。

園城寺衆徒一同 ほんまにもう! 幕府はいったいいつになったら、裁決、出してくれるんやぁ!

園城寺からの訴状は空しく放置され、衆徒たちは、ただただ、怒りの中に日を送るばかりである。

太平記 現代語訳 インデックス8 (その中に [主要人物・登場箇所リスト]へのリンクもあり)

« 太平記 現代語訳 40-2 足利基氏、死去す | トップページ | 太平記 現代語訳 40-4 最勝講の場において、興福寺と延暦寺の衆徒、武闘に及ぶ »

太平記」カテゴリの記事

フォト
無料ブログはココログ