歴史

2017年8月12日 (土)

[関ヶ原合戦]は、[山中合戦]に名称変更されるべきか?

[関ヶ原合戦]([関ヶ原の戦い])に関連して、[山中]という場所が注目されているようだ、との情報を得たので、下記の書物を読みました。

 [新解釈 関ヶ原合戦の真実 脚色された天下分け目の戦い  白峰 旬 (著) 宮帯出版社 2014年 発行](以下において、これを、[文献1]と略記することにします)

これまで、関ヶ原合戦については深い知識や関心もないままに、一応、これくらいは知っておきたいなぁ、というくらいのスタンスで、様々なコンテンツ(書物、テレビ番組等)に触れてきた私にとっては、上記の書物は、衝撃的な内容のものでした。

以下のような様々の、時代劇・名場面や解説図が、白峰氏([文献1]の著者)によって、

 それは、史実に基づくものではない、後世のフィクション、作り話だ

と、されているのです。

 [小山評定] 小山(栃木県)で、東軍側の武将たちが会議する、というシーン
 [問鉄砲] なかなか踏ん切りを付けれない小早川秀秋の陣めがけて、家康の命により、鉄砲が撃ちこまれる、というシーン
 [関ヶ原合戦の布陣図] ここに、石田三成の陣が、ここに小西行長の陣が、というような配置図

本題に入りましょう。

いわゆる「関ヶ原合戦」があったのは、旧暦・慶長5年9月15日、西暦1600年10月21日 です。

[文献1]の著者・白峰 旬・氏は、この日近くのタイミングで作成された一次史料に注目して、様々な考察を行っています。それに基づいて、白峰氏は、

[文献1] 39P - 41P において、

 「関ヶ原合戦」という名称は正しいのか

という問題提起を、行っています。

白峰氏が考察の手がかりとして用いた一次史料は、下記の書状、すなわち、手紙です。(各項の先頭にある史料の記号は、私が付与したものです)

 [史料・徳川] Date:慶長5年9月15日 From:徳川家康 To:伊達政宗
  [文献1] 39P - 40P で紹介・引用されています。家康から政宗への書状です。

 [史料・保科] Date:慶長5年9月19日 From:保科正光 To:松沢喜右衛門尉、他2名
  [文献1] 40P で紹介・引用されています。保科正光から松沢喜右衛門尉らへの書状です。

 [史料・吉川] Date:慶長5年9月17日 From:吉川広家 To:?
  [文献1] 40P で、「吉川広家自筆書状案(慶長五年九月十七日)」として紹介・引用されています。

 [史料・石川and彦坂] Date:慶長5年9月17日 From:石川康通、彦坂元正 To:松平家乗
  [文献1] 40P - 41P で紹介・引用されています。石川康通、彦坂元正から松平家乗への書状です。

 [史料・生駒] Date:? From:生駒利豊 To:坪内定次
  [文献1] 48P - 65P で紹介・引用されています。当日の戦闘に参加していた、[生駒利豊]という人が、後になってから、当時の事を回想して書いた書状なのだそうです。

白峰氏の調査結果は、以下のようになったのだそうです。

 [史料・徳川]、[史料・保科]の中には、
  「山中」という所において、戦闘が行われた、という趣旨の事が記されている。
  ([文献1] 39P - 40P)

 [史料・吉川] の中には、
  「関ヶ原」という地名は全く記されておらず、「山中」という地名が頻出し、「山中合戦」、「山中之合戦」と記されている。
  ([文献1] 40P)

 [史料・石川and彦坂] の中に、
  「関か原へ出陣して一戦に及んだ」との記述がある。
  ([文献1] 40P - 41P)

 [史料・生駒] の中に、
  「関ヶ原」という場所において、戦闘が開始された、と記されている。

[文献1] 51P - 55P には、下記のように[史料・生駒] からの引用が行われています。 (白峰氏により、現代語訳されています)

 「(前略)関ヶ原にて、大夫殿(福島正則)の先手の者が(宇喜多秀家隊と)鉄砲を撃ちあった。・・・」

[文献1] 52P - 53P に、その書状の現物を撮影した画像が掲載されており、その最初の方に、私には「原」という文字であろうかと思われるような、字があります。

[文献1] 78P - 79P に、[史料・吉川]中の、下記のような内容の部分が引用されています。(白峰氏により、現代語訳されています)

 「(前略)小早川秀秋は逆意が早くもはっきりする状況になったので、大垣衆(大垣城にいた諸将)は、山中の大谷吉継の陣は心元なくなったということで、(大垣城から)引き取った(移動した)。これは、佐和山への「二重引」をする覚悟と見える(後略)」

上記中には、「山中」の文字があります。しかし、大垣衆(石田三成や宇喜多秀家らが、その中に含まれているのだろう)が、「山中」へ移動した、というような事は、書かれていません。大谷吉継が「山中」にいたであろうことが、読み取れるだけです。

[文献1] 81P - 82P には、[史料・石川and彦坂]中の、下記のような内容の部分が記されています。(白峰氏により、現代語訳されています)

 「石田三成・島津義弘・小西行長・宇喜多秀家の四人は、(九月)十四日の夜五ツ(午後八時頃)時分に大垣(城)の外曲輪を焼き払い、関ヶ原へ一緒に押し寄せた。この地の衆(尾張衆)・井伊直政・福島正則が先手となり、そのほか(の諸将が)すべて次々と続き、敵が切所(要害の地)を守っているところへ出陣して、戦いをまじえた時(開戦した時)・・・」

上記中には、[関ヶ原]とあります。

このように、白峰氏によって紹介・引用されている当時の一次史料の中においては、戦場となった場所に関しては、

 [関ヶ原]と記されているものもあり、
 [山中]と記されているものもあり、

という状態であるようです。

--------

[山中]とはいったい、どのあたりにあるのだろう?

ネット地図にアクセスし、[岐阜県 関ヶ原町 山中]で検索して、現在、[山中]と呼ばれているエリアが、岐阜県・関ヶ原町の中にあることが分かりました。

その位置は、これまで、「ここが石田三成陣跡である」とされてきた地点、「ここが小西行長陣跡である」とされてきた地点からは、南西方向に離れた地のようです。

(東海道新幹線、JR東海道本線が、このあたりを通っているようなので、車窓からその地を見ることができるかもしれません。)

しかしここにきて、疑問点が続々、湧き上がってきてしまいました。以下に、それを記します。

(1)当時の「山中」エリアは、現在の[山中]エリアと、同じなのか?

現在、[山中]とされているエリア、すなわち、[岐阜県 関ヶ原町 山中]と、1600年当時に、「山中」と呼ばれていたエリアが、同一なのかどうか?

1600年当時、現地の人々が「山中」と呼んでいたエリアは、もしかしたら、現在の[岐阜県 関ヶ原町 山中]よりも、もっと広い範囲のエリアであったかもしれません。

もしかしたら、その「山中」エリアの中には、「関ヶ原」も含まれていたのかもしれません。

もしもそうであるならば、戦闘が行われたと想定される場所を、[岐阜県 関ヶ原町 山中]に限定する必要はなくなるでしょう。「山中」に含まれる地・「関ヶ原」においても、戦闘が行われていたのかもしれないのだから。

(2)「山中」と「関ヶ原」が、きっちりと区分して把握されていたのかどうか?

1600年当時、現地の人々は、ここからここまでが「山中」であり、ここからここまでが「関ヶ原」である、「山中」と「関ヶ原」とは、異なるエリアである、というように、明確な地理的区分を持っていたのでしょうか? 仮にそうだとしてみても、次の疑問が生じます。

徳川家康、吉川広家は共に、当時、関ヶ原の地を支配していたわけではありません。もっと遠くの場所を支配していました。だから、現地の地理にそれほど詳しかったとは思えません。

彼らの頭の中において、「関ヶ原」と「山中」とが、異なるエリアを表す地名として、明確に区別できていたのかどうか、疑問です。

家臣たちから聞いた、「山中」という地名を、あまり深く考えずに、そのまま、手紙に書いたのかもしれません。

これまで、小早川秀秋が陣を置いたのは、[松尾山]であると、されてきました。

その[松尾山]の近くに、[岐阜県 関ヶ原町 山中]はあります。よって、[岐阜県 関ヶ原町 山中]が、複数あった戦場のうちの一つになった可能性はあるでしょう。

よって、その地で戦闘を行った人が、東軍の中にいたかもしれません。そのような人が、戦いが終わった後に、「おまえは、どこで戦っていたか?」と問われたならば、「はい、山中という所で戦っていました。」と答えるでしょう。その報告をもとに、家康が、「・・・濃州の山中において一戦に及んだ」と手紙に書いた、というような事も、考えられるかもしれません。

戦後数日経過の段階で、書いた手紙ですから、あまり細かい事(「山中」か「関ヶ原」か)にこだわって書くような余裕は無かったでしょう。

(3)[岐阜県 関ヶ原町 山中]は、大軍を展開するには適していない地であるように思えるのだが

[地理院地図]にアクセスし、[関ケ原町 山中]で検索して、[岐阜県 関ヶ原町 山中]の付近の等高線より、そこの地形を想像することができました。

そこはまさに、山の中の地、南北にある山の谷間というような地形の場所であるようです。

このような狭い場所で、東西双方の大軍がひしめきあい、激闘し、というような情景が、どうにも、私の頭には、浮かんでこないのです。

ここは、野戦の戦場というよりはむしろ、防備に適した地と言った方がよいのではないでしょうか。この谷に兵士を配置したら、敵の大軍の通過を効果的に妨げることができそうに思えます。

2017年1月 2日 (月)

なぜ、江戸時代に、大井川に、橋が架けられなかったのか?

京都から新幹線に乗って東京へ向かう途中、様々な川を渡ります。

長良川、木曽川、矢作川、天竜川、大井川、富士川・・・等々。

それらの川の上を、現代の我々は容易に(時には車中で睡眠しながら)越えていけるわけですが、明治時代初め頃までは、それらの河川は、人々の通行・貨物の輸送上での大きな障害になっていたでしょう。

東海道が整備された江戸時代には、人々は様々な手段でもって、それらの川を渡っていたようです。

矢作川においては、人々は橋を渡っていったようです。

天竜川においては、渡し船に乗って、川を渡っていったようです。

そして、大井川においては・・・人は、人によって渡されていたようです。

島田市(静岡県)の大井川岸に、[島田宿大井川川越遺跡]というものがあるようです。

江戸時代、島田と金谷の間の大井川渡河においては、川越制度というものが制定されていました。河岸には、[川越人足]と呼ばれる人々がいて、旅人や荷物を背負って、大井川を徒歩で渡っていました。

大井川のこの川越制度について、様々に考えているうちに、2つの疑問が生じてきました。

疑問A なぜ、大井川には、橋が架けられなかったのか?

 矢作川には、橋が架けられていたのに。

疑問B なぜ、大井川には、渡し船制度が無かったのか?

 江戸幕府が東海道の宿駅制度を制定した際に、大井川において、[渡し船制度]を設定する、という事も可能だったろう。なのに、なぜ、そのようにしなかったのか?

 天竜川においては、[渡し船制度]を設定したのに。

--------

この問題を考えるにあたり、下記の本が参考になりました。

 『中世の東海道をゆく』 榎原雅治 氏 著 中公新書(以降、これを [本1] と略記)
 『鉄道忌避伝説の謎 汽車が来た町、来なかった町』 青木栄一 氏 著 吉川弘文館(以降、これを [本2] と略記)

[本1] では、中世の紀行文をもとに、当時(江戸時代よりも以前の時代)の大井川渡河の状況を考察しています。江戸時代の旧東海道の渡河地点よりも下流の方にある場所を、当時の人々は渡っていたのであろうと、著者は考察しています。そのあたりでは、大井川は幾筋もの細い川に分流しており、それらを次々と、徒歩で渡っていった(渡っていけた)のであろう、というのです。

すなわち、中世においては、大井川は、[歩いて渡れる川]だった、ということになります。

江戸時代になぜ、大井川には橋が架けられなかったのか、というこの問題に関しては、江戸幕府が江戸の防衛のために、そのようにしたのだ、とする説があるようです。しかし、 [本2]の著者はその説を否定し、技術的にも、経済的にも、大井川に橋を架けることが難しかったからである、としています。

--------

島田市のWebサイト中に、[国指定史跡 島田宿大井川川越遺跡保存管理計画]というコンテンツがありました。その中に、

 [12・川越遺跡保存管理計画_第3章⑤(PDF:4,482KB)]

があり、これも、参考になりました。以降、これを [文書3] と略記することにします。

--------

まず、基本的な事項を確認していきましょう。

(1)[川越人足]業務の発生の時期

[文書3] 中の

  [道中記 明暦3年(1657)]

に、「川越人足」という言葉が記されています。よって、これよりも前に、[川越人足]業務が発生していたと、考えてよいでしょう。

(2)中世においては、大井川は、一般の旅人でも、[歩いて渡れる川]だった

上記( [本1] に関しての記述)においても記したように、中世においては、一般の旅人は大井川を、歩いて渡っていました。

(3)江戸時代が始まる直前の時期に、大井川の状態が激変している可能性あり

1590年に、[天正の瀬替え]という土木工事が行われ、大井川の流路は大きく変化したようです。これにより、川の状態が大きく変化した可能性があります。

しかしながら、

(4)江戸時代においても、一般の旅人の中には、自ら歩いて大井川を渡る人がいた

川越人足たちは(当然の事ながら)大井川を歩いて渡っていたのですが、旅人の中にも、歩いて、あるいは、馬に乗ったまま、渡っていく人がいたようです。 [文書3] の中に、下記のような、それを示す情報があります。

[文書3] の中の

 [身延の記 寛文3年(1663)]
 [日本滞在記 1667年]
 [海陸世話日記 寛文8年(1668)]

江戸時代においても、大井川は、(勇気ある旅人にとっては)、[歩いて渡れる川]だったのです。

--------

いよいよ本題に入ります。

なぜ、大井川には、橋も、渡し船も、無かったのか?

 (なぜ、架橋されなかったのか、なぜ、渡し船制度が制定されなかったのか)

江戸の防衛のために、とはとても考えにくいです。上記にも見たように、江戸時代においても、大井川は、[歩いて渡れる川]だったのですから。

このような、[歩いて渡れる川]は、江戸の防衛ラインとしては、機能しないでしょう。

川の中に船橋を設置すれば、軍隊は容易に、大井川を渡っていけるでしょう。あるいは、馬に乗ったまま川の中へ進む、という事だって可能かもしれません。あるいは、下流の方の、中世に人々が渡っていた場所を渡る、という事だって可能かもしれません。

--------

なぜ、大井川には、橋も、渡し船も、無かったのか?

私は以下のように考えました。

江戸時代よりも少し前の頃には、大井川の状況は、上記に見た中世のそれとは、異なっていたのであろう。(「天正の瀬替え」の影響があったのかどうかまでは分からないが)。

すなわち、大井川は、[歩いて渡れる川](中世には)から、[歩いて渡れる川・ただし、プロと勇気ある旅人だけが]という状態に、変化していたのであろう。「プロ」とは、[川越人足]である。

川底の地形を知らない人が、歩いて渡るのは危険、というような状態になっていたのであろう。

大井川の水量が大量になり、流れが激しくなる都度、川底の状態も変化したであろう。このような変化し続ける川底の状態を、頻繁に観察し続けていく事ができる人はといえば、地元の人々以外には、考えられない。地元の人々は、大井川の川底の状態に関する豊富な知識と、渡河に関するノウハウを蓄積していったのであろう。

ノウハウを持っているとなると、それを活用してのビジネスを、と考える人も現れたであろう。かくして、江戸時代よりも前の時期に、私的な川越サービス業が発生していたのではないだろうか。

そのような状態であったので、江戸時代初期の東海道の宿駅制度の制定の際に、幕府は、大井川はとりあえずは現状のまま、すなわち、自力での渡河、あるいは、[川越サービス業に従事する人々]の支援による渡河で、という事にした。

とりあえずは、そのような状態でスタートさせて、様子を見ながら、架橋、あるいは、渡し船制度の導入を、ゆくゆくは検討、というような事も考えていたかもしれない。(街道・東海道の整備には他にもいっぱい、検討しなければならない場所がある、大井川の事ばかり、考えてられねえよ、という感じであったかも。)

しかし、大坂冬の陣、大坂夏の陣、徳川家康将軍の死去、秀忠将軍から家光将軍への将軍譲位等、重大な局面が続いていく中、そのような事を考慮する余裕がないままに、時は過ぎていった。

そして、1626年に、ある事件が起こってしまった。

[文書3] の中の

 [大猷院殿御実紀]

の項に、以下のような趣旨の事が記されている。

 大井川に船橋を設置した事が、家光将軍の怒りに触れた。

その理由として、上記には、「関東鎮護の要衝」とある。大井川は重要な江戸の防衛ラインであるのに、そこに船橋を架けるとは、けしからん、という事なのだろう。

しかし、上記にも記したように、大井川は重要な関東防衛ラインの機能を果たしているとは、考えられない。

大坂冬の陣、大坂夏の陣以降、パックス・トクガワーナ(徳川の平和)の世となっている。

家光将軍は、1604年に江戸城の中で生まれ、その後も城の中で育てられてきた人である。軍事的観点からの現地(大井川周辺)に関する知見・識見をどの程度持っていたか、極めて疑問である。

しかし、政権トップの座(将軍職)にある人が、このような事を一度でも言ってしまうと、その言葉は後々の世までも、政策を縛ってしまうものになるであろう。

その後の時代の幕府首脳(老中たち)にとっては、大井川の交通に関しての政策の変更([川越人足の助けを借りての渡河]から[渡し船による渡河]へ、あるいは[架橋]へ)が、とてもやりにくい、あるいは、不可能に近い、というような状態になってしまったのであろう。

東海道に関する諸々の制度が制定されて以降、家光将軍の時代までに、大井川に渡し船も橋も無い事により、様々な利益を得てきた人々も、いたであろう。そのような人々(いわゆる[既得権益]を持っている)にとっては、将軍のこの言葉は、その権益を確保し続けていくための格好の手段になったであろう。

上記に述べたような事情により、大井川には架橋がされなかった、渡し船制度が設定されなかったと、私は想像するのですが、いかがでしょう?

--------

[本2]の著者の、技術的にも、経済的にも、大井川に橋を架けることは難しかったからである、との主張に関しては、綿密・慎重な検討が必要であろうと思われます。

[経済的困難]に関しては、 [文書3] の中の

 [大井川架橋の建議『島田市史資料』第5巻 明治2年(1869)]

の項に、関連する記述があります。

ところが、それから10年後、明治12年(1879年)に、大井川には[蓬莱橋]という橋が架けられたのだそうです。

江戸幕府が[大政奉還]を行ったのが1867年、それから12年後には、大井川にこのような橋を架けることができているのです。

天竜川にはこれよりも早い時期(明治7年)に、木橋が架橋されているようです。

[蓬莱橋]や[天竜川の木橋]と同レベルの木造橋であれば、架橋できるほどの技術レベルにまで、江戸時代の後期の架橋技術は進んでいたのか、それとも、明治時代になってからの、欧米からの急速な科学技術の導入により、ようやく大井川や天竜川に、このような橋を架けることができるようになったのか、というような事をも、検討する必要があるでしょう。

江戸時代の渡河ルートとは別のルート(例えば [本1] で示されている中世の渡河ルート)での架橋さえも、技術的に、経済的に不可能であったのかどうか、という事をも、検討する必要があるでしょう。

現代の大井川の姿だけを見て、これらの事柄に関して考察する事は不可能でしょう。江戸時代には、大井川の上流にはダムが無かったのだから、川の姿は現代のそれとは相当異なっていたと、考えられます。

--------

[大井川 天正の瀬替え]
[島田市 島田宿大井川川越遺跡]
[島田市 川越遺跡保存管理計画_第3章]
[大井川 蓬莱橋 歴史]
[天竜川の橋 明治]

でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

その他のカテゴリー

フォト
無料ブログはココログ