広島県

2017年10月22日 (日)

尾道 広島県 尾道市 2017年10月

2017年10月に、尾道 に行きました。

----------

JR[京都駅] から [新幹線]を利用して、JR[福山駅] へ行き、
[鞆鉄バス]を利用して、[福山駅前]バス停から、[鞆港]バス停 へ行き、
鞆の浦の様々な場所へ行った後に、
[鞆鉄バス]を利用して、[鞆港]バス停から、[福山駅前]バス停に移動し、
JR[福山駅]から、JR山陽本線に乗って、[尾道]へ移動しました。

JR[尾道駅]の駅前からタクシーに乗り、[千光寺公園]へ移動しました。

下記画像を、千光寺公園で撮影しました。

P1
P1_2

P2
P2_2

P3
P3_2

上記の画像中にある海が[尾道水道]で、その向こうにある陸地が[向島]です。[尾道水道]を、連絡船が航行していました。

[千光寺公園]で撮影した動画を編集して、下記の動画作品を制作しました。(この動画作品の中には、鞆の浦で撮影した動画も含まれています)
(バックグラウンド音楽に、自作音楽作品 [名前はまだ無い・第1番, Op.44]を使用しました。)

この動画の格納先URLは、下記です。

https://youtu.be/b3gtwWywlV4

私が制作した他の動画を、私のユーチューブチャンネルからご覧いただけます。私のユーチューブチャンネルにアクセスしたい時は、

ここをクリックしてください。

私が作曲した他の音楽作品を、クレオフーガ・サイト上の私のコーナーでお聴きいただけます。それにアクセスしたい時は、

ここをクリックしてください。

大昔、瀬戸内海は陸地であったのだそうです。ナウマンゾウ等の化石が、海底から網にかかって上がる、ということがあったようです。

その当時には、[向島]も、陸の上の小高い丘、あるいは山であったのかもしれません。

[瀬戸内海 成り立ち]、[牛窓 貝塚]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

----------

[千光寺公園]から、徒歩で、[千光寺]へ移動し、
そこから更に、徒歩で、[尾道本通り商店街]へ移動しました。

[尾道浪漫珈琲]で、コーヒーを飲みました。
この店では、サイフォンでコーヒーを作っているようです。熱いコーヒーが入っているサイフォンを、スタッフの方が席まで持ってきて、目の前でカップに注いでくれました。

[尾道商業会議所記念館]で、尾道に関する様々な情報を得ることができました。
尾道に莫大な富が集積していた時期が、あったようです。

[亀田商店]で、[焼えび]、[サッパ(ままかり)]、[瀬戸内レモンれんこん天チップス]を買いました。

その後、
JR[尾道駅]から、JR山陽本線に乗って、JR[福山駅]へ移動し、
JR[福山駅]から、新幹線に乗って、京都へ帰りました。

----------

平安時代末期に、尾道は、大田荘の年貢米を輸送するための倉庫の敷地(倉敷)となり、その時から、尾道に富が集積するようになったようです。

[尾道 大田荘 倉敷]、[大田荘 世羅郡]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

----------

向島には、造船関係の工場が多いようです。

-----

尾道市の人口に関しては、[尾道市 人口 推移]、[尾道市 人口 将来]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

[尾道本通り商店街]については、[尾道本通り商店街調査報告書](尾道大学情報経済学部 小川研究室作成)より、様々な情報を得ることができました。

尾道の山手地区には、空き家が多くあるようです。それらの空き家を再生し、新たな活用を模索していくことを目指して、[尾道空き家再生プロジェクト]という組織が活動されているようです。

鞆の浦 広島県 福山市 2017年10月

2017年10月に、鞆の浦 に行きました。

----------

JR[京都駅] から [新幹線]を利用して、JR[福山駅] へ行き、
[鞆鉄バス]を利用して、[福山駅前]バス停から、[鞆港]バス停 へ行き、
そこから徒歩で、鞆の浦の様々な場所へ行きました。

[鞆港]バス停 から少し歩くと、海岸がありました。

海岸付近から、細い道に入りました。

P1
P1

P2
P2

道を行くと、[常夜燈]がありました。1859年に建造されたのだそうです。

P3
P3

[鞆の浦 常夜燈]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

----------

[常夜燈]の付近に、[太田家住宅]がありました。

広い敷地の中に、広い家屋と、複数個の蔵がありました。

元は、[中村家]の住宅・製造工場であったようです。中村家は、[十六味地黄保命酒]という[漢方薬酒]の製造・販売を行い、富を得たようです。(江戸時代の間、醸造販売権を独占できていたので)。

酒を作るための、てこの原理を応用した絞り機械があり、興味深かったです。

[鞆の浦 太田家住宅]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

----------

[土屋本店 鞆店]で、ちくわを買い、海岸で食べました。

----------

徒歩で、[福禅寺]へ移動しました。

ここには、[対潮楼]という部屋があります。そこから見た海の風景は、下記のようでした。

P4
P4

P5
P5

福禅寺は、平安時代に、空也上人によって建立された寺なのだそうです。

[鞆の浦 福禅寺]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

----------

徒歩で、[円福寺]へ移動しました。

寺の付近に、ネコ君たちがいました。

----------

昼食を、[千とせ]で食べました。[鯛茶漬け御膳]を食べました。

----------

その後、[鞆鉄バス]を利用して、[鞆港]バス停から、[福山駅前]バス停に移動し、JR[福山駅]から、JR山陽本線に乗って、[尾道]へ向かいました。

-----

[常夜燈]の付近の場所で撮影した動画を編集して、下記の動画作品を制作しました。(この動画作品の中には、尾道で撮影した動画も含まれています)
(バックグラウンド音楽に、自作音楽作品 [名前はまだ無い・第1番, Op.44]を使用しました。)

この動画の格納先URLは、下記です。

https://youtu.be/b3gtwWywlV4

私が制作した他の動画を、私のユーチューブチャンネルからご覧いただけます。私のユーチューブチャンネルにアクセスしたい時は、

ここをクリックしてください。

私が作曲した他の音楽作品を、クレオフーガ・サイト上の私のコーナーでお聴きいただけます。それにアクセスしたい時は、

ここをクリックしてください。

-----

鞆の浦は、「潮待ちの港」であったようです。[潮待ち]については、[鞆の浦 潮流 潮待ち]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

-----

[鞆鉄バス]に乗って、鞆の浦へ行く途中に、[芦田川]という川があり、その付近に、[草戸大橋]バス停がありました。

このバス停から芦田川の上流方向に、[草戸千軒町遺跡]があるようです。中世の町並みがそっくり埋もれていた、という場所であるようです。

[福山市 草戸千軒町遺跡]、[ふくやま草戸千軒ミュージアム]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

-----

[鞆鉄バス]に乗って、鞆の浦へ行く途中に、[水呑薬師]というバス停が、ありました。

そのあたりは、薬師如来に何かの関係がある地なのだろうかと思い、ネットで調べてみたが、情報を得ることができませんでした。

-----

室町幕府の最後の将軍・足利義昭は、織田信長によって京都から追放された後、鞆の浦に来たようです。

[鞆の浦 足利義昭]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。
-----

幕末の時代に、長州藩(藩主は毛利氏)と密なる関係を持っていた7人の公卿(三条実美ら)は、長州と京都を移動する際に、鞆の浦の[太田家住宅]に泊まったのだそうです。

[鞆 七卿]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

その他のカテゴリー

フォト
無料ブログはココログ