京都府

2019年3月18日 (月)

京都 サクラ 状況 2019 3 18 京都府立植物園 鴨川 半木の道 (なからぎのみち)

撮影日:2019年3月18日
撮影者:runningWater

--------
京都府立植物園

A1
A1_s_3

A2
A2_s_3

A3
A3_s_4

A4
A4_s_3

A5
A5

A6
A6

A7
A7

A8
A8

A9
A9

A10
A10

A11
A11

A12
A12

A13
A13

A14
A14

--------

鴨川
 葵橋 付近

B1
B1

B2
B2
--------
鴨川
 北大路橋 付近

C1
C1

C2
C2
--------
半木の道 (なからぎのみち)

D1
D1

D2

D2

2019年3月17日 (日)

京都 サクラ 状況 2019 3 17 真如堂 東北院 竹中稲荷

撮影日:2019年3月17日
撮影者:runningWater

サクラ以外の植物の写真も、あり

--------
真如堂

A1
A1

A2
A2

A3 たてかわ桜
 真如堂の説明によれば、春日局 が、父・斎藤利三 の菩提を弔うために植えた桜。
 斎藤利三 は 明智光秀 の重臣。
 斎藤利三 と 海北友松 の墓が、真如堂の境内にあり。
 春日局 は、第3代将軍・徳川家光 の乳母。
A3

A4 たてかわ桜

A4

A5
A5

A6
A6

A7 サンシュユ(山茱萸)
A7

A8 サンシュユ
A8

A9 サンシュユ
A9

--------
東北院
 藤原彰子(上東門院)にゆかりあり。
 藤原彰子 は、藤原道長 の娘。

B1 ジンチョウゲ(沈丁花)
B1

B2 ジンチョウゲ(沈丁花)
B2

B3 ジンチョウゲ(沈丁花)
B3

--------
竹中稲荷 参道

C1
C1

C2
C2

2019年3月16日 (土)

京都 サクラ 状況 2019 3 16 金戒光明寺

撮影日:2019年3月16日

撮影者:runningWater
サクラ以外の植物の写真も、あり

--------

山門 付近

A1
A1

A2
A2

--------
境内

B1
B1

B2
B2

B3
B3
--------
西翁院 付近

C1
C1

C2
C2

D1
D1

D2
D2

--------
西住院 付近

E1
E1

E2
E2

2019年3月15日 (金)

京都 サクラ 状況 2019 3 15 地蔵院 (椿寺) 千本釈迦堂 上品蓮台寺 雨宝院 (西陣聖天) 相国寺

撮影日:2019年3月15日
撮影者:runningWater

--------

地蔵院 (椿寺)
 正式名称:昆陽山地蔵院
 住所:京都市 北区 大将軍川端町 2

A1
A1

A2
A2

--------
千本釈迦堂 大報恩寺
 住所:京都市 上京区 七本松通今出川上ル

B1
B1

B2
B2

B3
B3
--------
上品蓮台寺
 住所:京都市 北区 紫野十二坊町 33-1

C1
C1

C2
C2

--------
雨宝院 (西陣聖天)
 住所:京都市 上京区 智恵光院通上立売通上ル 聖天町 9-3

D1
D1

D2
D2

D3
D3
--------
相国寺

E1
E1

E2
E2

2019年3月14日 (木)

京都 サクラ 状況 2019 3 14 蹴上インクライン 清流亭 南禅寺

撮影日:2019年3月14日
撮影者:runningWater

--------
蹴上インクライン
 京都市営地下鉄 東西線 蹴上 駅 付近

A1
A1

A2
A2

--------
清流亭
 南禅寺 付近

B1
B1

B2
B2
--------

南禅寺
 三門 付近

C1
C1

C2
C2

C3
C3

C4
C4

C5
C5

2019年3月13日 (水)

京都 サクラ 状況 2019 3 13 平安神宮 付近 みやこめっせ 付近 京都国立近代美術館 付近

撮影日:2019年3月13日
撮影者:runningWater

--------
平安神宮 付近

A1
A1

A2
A2

--------
みやこめっせ 付近

B1
B1

B2
B2
--------
京都国立近代美術館 付近

C1
C1

C2
C2

2019年3月12日 (火)

京都 サクラ 状況 2019 3 12 長徳寺 本満寺 京都御苑

撮影日:2019年3月12日
撮影者:runningWater

サクラ以外の植物の写真も、あり

--------
長徳寺
 出町柳 駅 付近

A1
A1

A2
A2

--------
本満寺
 河原町今出川 交差点 付近

B1
B1

B2
B2
--------
京都御苑
 近衛邸跡

C1
C1

C2
C2

C3
C3
--------
京都御苑
 梅林

D1
D1

D2
D2
--------
京都御苑
 西園寺邸跡

E1
E1
--------
京都御苑
 出水小川 付近

F1
F1

F2
F2

2019年1月30日 (水)

京都 嵯峨 混雑する嵐山を好まない人は、こちら方面へ行けばいいかも

最近、[嵐山]の[渡月橋]のあたりには、大勢の人々が来られています。海外から来た人々も多いようです。平日でも多いです、桜シーズン、紅葉シーズンではない時期でも、多いです。

人でいっぱいの[嵐山]は、好きではない、という人も、おられるかもしれませんね。そのような方は、[嵐山]から北の方、すなわち、[嵯峨(さが)エリア]の北の方へ行ってみる、というのもありかもしれません、様々な美しい場所がありますから。

--------

[嵯峨エリア](京都市 右京区)の北の方には、大きな池が2個あります。[広沢池]と[大沢池]です。

ネット地図を使って、[渡月橋]で検索すると、[渡月橋]の付近が表示されるでしょう。その後、縮尺を小さくしていくと、[渡月橋]の北方向と北東方向に大きな池が2個、表示されることでしょう。

西側にあるのが[大沢池]、東側にあるのが[広沢池]です。

--------
広沢池

下記が、過去に[広沢池]で私が撮影した写真画像です。

A1
A1

A2
A2

[広沢池]では毎年、冬になると、[鯉揚げ]が行われるのだそうです(私は、それを見たことがありません)。池の水抜きが行われ、それまで水中にいた生物の販売も、行われるのだそうです。

[広沢池 鯉揚げ]でネット検索すると、関連する情報を得ることができると思います。

--------
大沢池

[大沢池]は、[大覚寺]の境内にあります。

下記が、過去に[大沢池]で私が撮影した写真画像です。

B1
B1

B2
B2

B3
B3

桜の開花シーズンにも、ここへ行ったことがあります。[大沢池]の周囲に桜があるのです。とても、華やかな風景でした。

[大覚寺 桜]、[大覚寺 紅葉]等のキーワードでネット検索すると、関連する情報を得ることができると思います。

--------

[広沢池]と[大沢池]があるあたりは、[北嵯峨」と呼ばれるエリアです。竹やぶ、田園があり、京都市内にもこんな、のびやかですばらしい所が、と思う場所です。

2019年1月に、[北嵯峨エリア]を歩きまわって、動画を撮影してきました。ユーチューブにアップしてあります。下記が、それへのリンクです、よろしければ、ご覧ください。下記に掲載されている画像は、その動画の中の1シーンを切り出したものです。

広沢池の付近で撮影した動画

P1
P1

---------------------------------------
観空寺の付近で撮影した動画

P2
P2

---------------------------------------
後宇多天皇・陵、および、その他の場所で撮影した動画

P3
P3

[後宇多天皇]は、[後醍醐天皇]の父です。

--------

下記の写真画像も、それぞれの地で過去に、私が撮影した写真画像です。

祇王寺(ぎおうじ)

C1
C1

厭離庵(えんりあん)

D1
D1

直指庵(じきしあん)

E1
E1

--------

平安時代から現代に至るまで、[嵐山]は、人気のあるリゾート地であり続けてきたようです。平安時代、公家たちはここにやってきて、船に乗ったりして楽しんでいたようです。

[嵐山]を流れている[桂川](当時は、「大堰川」と呼ばれていたようです)において、あの[藤原道長]が、一大イベントを開催した、という事が、[大鏡]に書かれているようです。

どのようなイベントかというと:

川の上には、船が3個。イベント参加者は、それらの船に分乗する。

 漢詩文を作るのを得意とする人は、船Aに、
 楽器演奏を得意とする人は、船Bに、
 和歌を作るのを得意とする人は、船Cに

そのイベントに参加した[藤原公任]は、漢詩文も和歌も作ることができ、楽器の演奏をすることもできた、だから、3個の船のどれにでも、乗り込むことができたようなのですが、彼は船Cを選択、それに乗り込んで、良い和歌を作れた。そして、

 「じぶん(自分)、船Aに乗っといた方が、よかったんかなぁ」

というような趣旨の事を、言ったのだそうです。

これに関する更なる詳細については、[大鏡 三船 公任]等のキーワードで検索して、情報を得ることができると思います。

[藤原道長]と[藤原公任]は、同じ年に生まれているようだけど、政界の中での昇進スピード、最終到達位置については、相当な差異があるようです。

--------

平安京から嵐山まで、道長さんや公任さんたちは、牛車に乗って行ったのでしょうね。いったい、どれくらいの時間がかかったのでしょう?

平安京の内裏があった場所は、現在の[千本丸太町]交差点のあたりです。

ネット地図で見てみるに、ここから、嵐山の[渡月橋]までの直線距離は、およそ

 6 km

次に求めたいのが、[牛車の速度]です。これが分かれば、上記の距離をこれで割って、[所要時間]を算出することができるでしょう。

[牛車 速度]でネット検索してみたが、確たる情報を得ることができませんでした。

なので、あえて、

 牛車の速度 = 3 km / 1 時間

と仮定してみることにしました。すると、

所要時間は、

 6 / 3 = 2 時間。

意外に、短い時間で到達することができる、ということになるのかなぁ。午前9時に[平安京]を出発したら、昼前には、[渡月橋]に着ける、ということになりますね。公任さんは、到着してから船に乗り込み、まず、船の中でお弁当を食べ、それから和歌を作ったんだろうか、それとも、その逆順か?

あ、そうだ、この時代は、朝食と夕食のみ、ランチは無しだったんだ、だから、弁当は無しですか。ランチ無しで、和歌や演奏、みなさん、タフですねぇ。

公任さんの[嵐山]への旅は、日帰りだったんだろうか、それとも、どこかで一泊?

[京都御苑]の近くに、[冷泉家](れいぜいけ)という家がありますが、そこのご先祖・[藤原定家] 氏が選んだ[小倉百人一首]の中の

 滝の音は 絶えて久しく なりぬれど 名こそ流れて なほ聞こえけれ

は、公任さんが作った和歌ですが、この「滝」は、[名古曽(なこそ)の滝]であり、[大覚寺]の境内にかつてあったのだそうです。[大覚寺]の境内に、「名古曽の滝跡」として、復元されています。

2018年12月22日 (土)

京都一周トレイル・東山コース 2018年12月 倒木 台風 強風

2018年12月に、[京都一周トレイル・東山コース] を歩きました。

2018年に襲来した台風の強風により、[京都一周トレイル]の、道沿いの様々な場所で倒木多数、中には通過困難な場所もあり、との情報を得ていたので、どんな状態になっているか、懸念しながら行ってみました。

この日、歩いたのは、下記コースです。[京都一周トレイル]ご関係の方々のご尽力のおかげでしょう、倒木により通行困難、というような場所は無く、歩き通すことができました。

当日、撮影した動画を、ユーチューブにアップしていますので、よろしければご覧ください。

京都一周トレイル・東山コース (10),  [標識 17] - [東山山頂公園] 間
 ([清水寺]の東側の山上を通り、 [東山山頂公園]に至るルートです。)

京都一周トレイル・東山コース (11)  [標識 22] - [尊勝院の付近] 間
 ( [東山山頂公園]の付近から、  [尊勝院]の付近に至るルートです。)

上記の動画を、私のユーチューブチャンネルからも見れます。私のユーチューブチャンネルにアクセスしたい時は、

ここをクリックしてください。

事前に得ていた情報の通りでした、歩いて行く道沿いの様々な場所で、倒木を見ました。

「異常気象」という言葉を毎年のように聞くようになってきた昨今。これから先もまた、台風がやってきて、倒木多数、という状態になってしまうかもしれません。

京都の2018年のカエデ紅葉、赤一色にきれいに染まり、というような映像を見た記憶がありません。これも、今年の気候の影響だったのでしょうか。

このままのペースで、気温上昇が続いていったならば、社寺等の地表面を美しく彩っている、[京都のコケ(苔)]は、この先、だいじょうぶなんだろうか・・・等々、最近、懸念することが多くなってきています。

2018年4月 1日 (日)

京都市のサクラ 2018 開花から満開までが短かったようです

寒さ厳しい冬の中をようやく通過し、サクラの花を見れる時が、やってきました・・・と思ったら、あっという間に、満開に。京都市に住むようになってからこれまでの間、このようなサクラの開花状態を、過去に見た事がありません。

3月31日時点で、すでに、花が散り始めている樹木もあります。

例年より1週間ほど早い満開だとか。この時期に、海外から京都市に来られた方々は、”ベリー ラッキー” と思っておられるのかも。

早めに撮影しておかなくては、と思い、自転車で数か所に行って、動画を撮影してきました。下記、よろしければご覧ください。

-----------------

白川

[行者橋]の付近の場所から、白川の河口(白川は鴨川に流入)付近の場所までの間、川の岸のあちらこちらで撮影しました。

川べりには、海外から来られたと思われる方々が、大勢、おられ、和服を着ておられる女性も、多数。

最近、祇園エリアとその周辺に、和服レンタルの店が急増しています。”Kyoto に行って、kimono 着て、walk する”が、最近、ちょっとしたブームになっているようです。

-----------------
清流亭

[清流亭]は、南禅寺の付近にあります。

[清流亭]の付近には、[野村別邸 碧雲荘]、[怡園 (細川家の別邸)]、[真々庵(松下幸之助 氏 の別邸であった)]等、別荘が多数あります。[南禅寺 別荘群]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

これらの別荘のうちの多くの庭が、[小川治兵衛](七代目・植治)によって、作庭されました。

京都には、[七代目・植治]が作庭した庭が、多くあります。知名度の高いと思われるものでは、

 [円山公園]、[平安神宮]の庭園、[無鄰菴](山縣有朋の別邸)の庭園、といったところでしょうか。

「第二無鄰菴」、あるいは、「高瀬川源流庭苑」と称される庭園も、あります。

[京都 白河院](旅館)の庭も、彼による作庭です。

-----------------
琵琶湖疏水

「京都やのに、いったいなんで、琵琶湖?」と思われる方もおられるかもしれませんね。

[琵琶湖疏水]は、琵琶湖の水を京都まで流れるようにする疎水(運河)なのです。取水口は、滋賀県・大津市にあります。

この疏水の建設を構想したのは、第3代京都府知事・[北垣国道]です。

このインフラの建設の目的は、物流とエネルギー源を得るため、ということであったようです。

 (1)物流:舟に荷物を載せての、琵琶湖-京都 の輸送
 (2)エネルギー源:高低差で得られる水力によって、水車を回し、その水車の回転を直接利用して、何らかの事を行う

そして、[田辺朔郎]が、工部大学校(東京大学工学部の前身の一つ)を卒業と同時に、京都府の御用掛に採用され、琵琶湖疎水の建設担当になりました。(この時、田辺朔郎は、21歳。)

アメリカで、世界初の水力発電所等のインフラを見た田辺朔郎は、上記(2)のエネルギー源としての利用方針を転換しました。

すなわち、水車の回転を直接利用するのではなく、水車の回転の運動エネルギーを、電気のエネルギーに変換した後、その電気エネルギーを利用する、という方向へのチェンジでした。

その結果、[蹴上発電所]が誕生しました(営業用としての、日本最初の水力発電所)。

この方針転換は、極めて有効であったと思われます。

水車の回転を直接利用する、という形態では、疏水に近い場所でしか、そのエネルギーを利用する事ができません。しかし、電気ならば、疎水から遠隔の地でも、そのエネルギーを利用することが可能となります。

かくして、日本初の営業用電車が、京都の街を走ることになりました。(京都電気鉄道)。

この方針転換の結果、水車を回して何かしようという意図で取得されていた、[疎水の水利権]の価値が、極めて低くなってしまったようです。

その水利権を、[塚本与三次]と[小川治兵衛]が獲得して、南禅寺付近に、[水が流れる庭園]を持つ別荘を造っていったのです。その庭園の中を流れている水は、[琵琶湖からやってきた水]なのです。

(平安神宮や無鄰菴の中を流れている水も同様です。)

[塚本与三次 小川治兵衛 琵琶湖疏水 水利権]でネット検索して、関連する情報を得ることができました。

[夷川発電所]は、[蹴上発電所]の建設後の電力需要の増加に対応して建設されました。

琵琶湖疏水・1

琵琶湖疏水・2

より以前の記事一覧

フォト
無料ブログはココログ